人気の街に住みたいなら不動産会社探しが鍵になる

模型

スムーズな売買のために

住宅模型と紙幣

仲介やアドバイス

不動産買取をする人の多くが、売り手との仲介を不動産会社に依頼しています。不動産売買のプロによる仲介があれば、様々な手続きがスムーズに進むことになるからです。具体的には、不動産会社は売買契約書を用意しますし、登記手続きを代行する司法書士も手配します。もちろん売買契約時には立ち会い、買い手と売り手の双方に重要事項を説明した上で、それぞれの了承を得てから署名捺印を促します。また、不動産買取の時期によっては、固定資産税の清算の仲介もします。というのも固定資産税は、毎年1月に所有していた人に1年分が請求されるというシステムになっているからです。たとえば不動産買取が2月だった場合には、売り手は1ヶ月しか所有していないにもかかわらず、1年分の固定資産税を支払うことになります。それが売り手の不満につながることもあるので、不動産会社は公平になるように清算を促すわけです。これにより買い手は、売り手とのトラブルを回避しやすくなります。また不動産会社は、不動産買取の約6ヶ月後に請求されることになる、不動産取得税についてのアドバイスもします。不動産買取に多くの費用を使うことで、納税の余裕がなくなる人もいるのですが、前もって不動産会社におおよその額を教えてもらっておけば、工面しやすくなります。このように不動産会社は、不動産買取における重要なポイントを押さえたサポートをするのです。仲介手数料として、成約価格の3〜5%ほどを支払う必要はありますが、相応のメリットがあることから、多くの買い手が利用しています。